お気に入りだった数々の服

なぜ着なくなってしまったか

お気に入りだった数々の服も、何故か着なくなってしまいます。その理由は多くありますが、まずは何回も着たことによる飽きがあります。人間の心理として、何回も同じ事をしていると飽きるので、同様に毎日のように着てしまうと新鮮味がなくなってしまいます。世の中には多くの服があり何を着ても自由なので、特定の服だけを着なければならないということはありません。 次に体形の変化もその服を遠ざけてしまいます。人は加齢と共に代謝が悪くなり脂肪がたまりやすくなります。その結果肥満になってしまい、購入した服を物理的に着ることができなくなるのです。このようにしてお気に入りだった数々の服はクローゼットの肥やしとなり、眺めるだけになってしまいます。

売ってしまうのも良い

クローゼットの肥やしになっている場合は、そのままコレクションとして残しておくのも良いです。しかし服は通常眺めるものではなく着るものなので、売って他の誰かに着てもらったほうが服の為にもなります。自分の感覚では何回も着た新鮮味の無い服かもしれませんが、お店に並んでいるのを見た他の方からすると初めて見る新鮮な服なのです。 ブランド服は購入時に大きな出費となったはずなので、どうせ売るのであればより高く売りたいものです。その為には、服の状態など変えられない要素が大切になるのですが実は査定に持っていく時の状態も大切になります。アイロンがけできる服であればアイロンがけし、きちんと折りたたんできちんとした袋に入れたいです。