デパートで、旅先で買ったブランド服

ブランド買取専門店はどこで服を買ったか調べるのか

ブランド服をブランド買取専門店で売る場合には、購入場所は関係なく正規品であれば問題はないのですが、査定時に聞かれる事もあるため購入場所は忘れないようにしましょう。どたらかというと購入場所よりもブランド服の状態が悪くないか、流通性は高いのかを調べます。また、ブランド品の中でも限定デザインを購入した場合には、希少性が高い事から高価買取をしてくれる可能性があります。 限定デザインは特に海外に多く、海外旅行などの旅先で購入した場合には、日本で購入できない点から更に高値がつく可能性があります。ただし、高価買取品の物でも状態が悪い場合には通常の取引金額よりも下がるため日頃の保管には注意が必要です。ブランド服を保管する場合には、ケースも含め防虫剤を入れ汚れない様にしておく事が大切です。

ブランド品の買取専門店と古着屋との違いは

服の場合にはブランド品でも古着屋にもっていく場合と、ブランド品の買取専門店にもっていく場合の2通りがあります。基本的な違いは査定基準にあります。古着屋の多くは鑑定士がいない場合が多く、流行に沿っているブランド服か需要はどの程度あるのかを調べて買取ます。 ブランド品の買取り専門店の場合では鑑定士がその服の需要を調べ、ブランドによっては付加価値を付けます。また、適正な買取金額を出す事ができる安心感があります。どちらの場合も需要と流行は関係がありますが、ブランド服を売る場合には鑑定士がいる買取専門店で売る事が大切です。ただし、ブランドといってもマニアックで知名度があまりない場合には古着屋の方が高く売れる事もあるので注意が必要です。